つみ木のマンション

東京の下町の賃貸物件

マンション

下町エリアの人気が高まる

墨田区は東京の東側で昔から残る下町エリアです。ここ最近は東京スカイツリーが開業して、注目度も上がっています。墨田区は昔ながらの商店街や公園が多く、家賃も低めなため、若い世代を中心に住みたい人が増えている人気の区でもあります。墨田区は昔から建っている木造の家が多く見られるエリアで、街を見て歩くと住宅や建築の歴史もわかるくらい、各年代の家が建っていることが特徴的です。しかし、最近では新築の賃貸マンションもどんどん建っていますので、新しくて綺麗な部屋が多く見つかります。そういった新築マンションは値段が高いですが、建物の年数が古くなっていくと家賃も下がるので、家賃の予算に合った賃貸物件が見つかります。

街の特徴と新しい物件

墨田区は、古い木造の家が密集して経っているエリアが今でも数多くあります。これでは火事や災害の時に他の住宅まで延焼したりして危険であるということで、順次古い家が解体されたり、新しいマンションなどに建て直されています。一気にまとまった土地が開くことは少なく、大抵は家一軒分くらいの小さい規模の土地が空くので、墨田区の賃貸マンションは、一階に2、3世帯で10階建てなどという形式の賃貸マンションが多くなっています。マンション同士も密集していることが多いので、南側が開けていてちゃんと日当たりのいい賃貸マンションは珍しくなります。賃貸マンション物件を探すときは間取りや家賃、駅だけでなく方角を確認してから選ぶことが重要です。